用語集




Please click the banner above for more information

用語 説明
バンドル(Bundle) バンドル(やグループ化)された取引をトランザクション実行中に一緒にします。
取引の累積重量(Cumulative weight of a transaction) 承認アルゴリズムに必要な変数。トランザクションの自重の和ですべてのトランザクションが直接的または間接的に取引を証明します。
DAG (有向非巡回グラフ) 任意の有向非巡回に基づいた特定のデータ構造です。単一のエッジを持ったノードの単一ブランチを持つ代わりに、DAGは複数のブランチを持つ事ができます。詳細については [Wikipedia] を参照してください。
分権的(Decentralized) この用語は、中央集権的(例えば銀行や政府)な組織によって制御され、発行されていない通貨について説明します。これは、暗号通貨が直接インフレしたり政府の規制に影響されたりせず、投資家がより多くの責任を負う事を意味します。
取引の深さ(Depth of a transaction) 承認アルゴリズムに必要な変数。取引の深さはある先端までの最長な逆向きの経路です。
取引の直接検証(Direct validation of a transaction) tangle では新規に発行されたすべての取引は2つの取引を確認します。下の図のすべての長方形は取引を表し、すべてての矢印は確認を表します。直接取引の確認を説明する方法は可視化することです。: 青色の取引が間接的な確認を表しており、緑色の取引が直接的な確認を表します。
動的IP(Dynamic-IP) 時間により定期的に変更されるIPアドレスについて記述します。インターネットサービスプロバイダーによって発行されるIPアドレスは通常動的です。
ジェネシス・トランザクション(Genesis-Transaction) ジェネシス・トランザクションは、すべてのIOTAトークンが作成され、数人のファウンダーのアドレスに配信された最初の取引です。
ヘッドレスノード(Headless node) グラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)無しに端末で実行されているノードの事
取引高(Height of a transaction) 承認アルゴリズムに必要な変数。取引高はジェネシスから最も長い経路です。
モノのインターネット(Internet of Things (IoT)) 建物、車両、その他のモノといった物理デバイスのインターネットでの動作について説明します。詳細は [Wikipedia] を参照してください。
仮面認証メッセージング(MAM (Masked Authenticated Messaging)) IOTA上のユニークなモジュールで、完全に認証された集団に暗号化されたデータを送信する事を可能にします。
ピアトゥーピアネットワーク(Peer to Peer Network) ピア(またはノード)からなる分散ネットワークで、互いに交換・共有データで接続されています。
仕事の証明(Proof of Work) ネットワーク上のサービス拒否やスパム攻撃を防止するアルゴリズム。計算が困難なパズルですが、確認しやすいです。
再送(Replay) この用語は、以前の転送の再送を意味し、仕事の証明を完全に「やり直す」ノードを意味します。あなたの取引が一定期間経っても未確認のままの場合、または隣人にブロードキャストされていない場合に、この動作は必要に応じで実行されます。(後者の理由では、無効なトランザクションとsub-tangleとを検証可能なため、あなたの転送はたのノードによって検証されません。)
種(Seed) アカウントにアクセスするために、大文字のラテン語と数字からなる81文字を使います。種はプライベートキー・パスワードと同様です。安全に保ち、他の誰とも共有してはいけません!
静的IP(Static-IP) 決して変更されない IPアドレスを記述します。これらのIPアドレスは、自動ピア発見が除かれた場合、IOTAノードを実行するのに必要とされます。
タングル(Tangle (DAG)) 非有向巡回グラフ(DAG)がIOTAネットワーク内のすべての取引データを格納する分散元帳です。The Tangle は、ゼロ取引手数料と「量子性の証明」のセキュリティでスケーラビリティを実現するための初めての分散台帳です。伝統的なブロックチェインとは異なり、コンセンサスはもはや分離されてはなく、代わりに、自立分散ピアトゥーピアネットワークに繋がるためのシステムの本質的な部分です。
ティップス(Tips) 新しい取引で、他からまだ参照されていない tangle 内の(未確認の)取引です。
トリナリー(Trinary) バイナリの代わりで、true、 false、 unknownといった3つの状態で構成されています。詳細については[こちら] (https://en.wikipedia.org/wiki/Balanced_ternary). をお読みください。
取引の重量(Weight of a transaction) 承認アルゴリズムに必要な変数。取引の重量は、発行ノードが投資した仕事量に比例しています。