IOTA イントロダクション



IOTA は IoT (Internet of Things) が直面するインフラストラクチャの変化に対する有望なソリューションです。 (Internet of Things)

IOTA は 2014年に作られ、金融決済やデータトランスファー層と同様なアプリケーションのためのプラットフォームである。 IOTA は「ブロックチェーン」を超える最初の大きなステップに取り組んでいることから特別である。 IOTA は「Tangle(もしくは DAG)」と呼ばれる新しい技術イノベーションを採用し、IOTA の前身である Cargochain は上海ブロックチェーンハッカソンで最優秀賞を取っている。 DAG).

この軽量かつ多目的に使用できる効果的なソリューションは、IoT マイクロトランザクション用として IOTA を完璧なものへと昇華させている。 IOTA は 拡張性が高く、送金手数料が完全に無料である。

まず初めに、皆さんは 有効な M2M (machine-to-machine) 、マイクロ・トランザクション、さらにナノ・トランザクションさえも作ることができる。

さて、どのように動くのだろうか?伝統的な「ブロックチェーン」は、報酬を得られるマイナーによって様々なトランザクションが含まれたブロックが生成される。(通常、各ブロックに含まれるトランザクションのために手数料を支払う。)

しかし「Tangle」では、すべてのトランザクションが2つ前のトランザクションを(二重支払い等のチェックを行ったあと)承認する。これは「前例のない規模」とマイナーを不要とした仕組みによりネットワーク(Tangle)が許可している。それゆえに、トランザクションに対する手数料を必要としない。

ここに「IOTA (Tangle)」と伝統的な「ブロックチェーン」の違いを図示する。


すべての IOTA トークンは、最初のトランザクション(ジェネシス・トランザクション)から生成された。また、IOTA はインフレーションではなく、そしてマイニングができない。 IOTA トークンの発行総量は (3^33-1) / 2、2,779,530,283,277,761 である。

IOTA は 数量をわかりやすく示すために SI 単位を使っている。